内祝い・お返しギフト販売 > 結婚内祝いのマナー

結婚内祝いのマナー
せっかくの結婚内祝いもマナーやしきたりを誤っては台無しに。意外に知らなかったマナーや相手に喜ばれるちょっとした気配りまで、結婚内祝いの仕方についてご紹介いたします。

披露宴に出席しない相手には挙式後一ヶ月以内に結婚内祝いを

■いただいた額の半額程度の品を夫婦連名か新姓で

結婚内祝いイメージ
内祝いは、本来お祝い事の喜びを分かち合うというもので、お祝いをいただいたか否かに関係なく広く行うものでした。現在では事実上のお祝いをくださった方だけに「お返し」として贈るのが一般的です。披露宴に招待できなかった人や欠席した人からお祝いを頂いた場合は、贈られたものの半額程度を目安に、内祝いの品を贈ります。品物は引き出物と同様、実用品が一般的です。引き出物と同じ品を贈ってもかまいません。また、カタログギフトなども人気があります。挙式後、1ヶ月以内に贈るようにしましょう。

結婚内祝いの贈り方

内祝いには紅白10本の結びきりののし紙をかけ、表書きは「内祝い」「結婚内祝」「寿」などとし、下に夫婦連名、もしくは新しい姓だけを書きます。持参すれば丁寧ですが、店から配送してもらう場合は、必ず封書のお礼の手紙を添えるか品物よりも先に届くように別送します。親の知人などに送るときは、親からも忘れずにお礼状を出してもらいましょう。
>>のし紙一覧はコチラから

★結婚内祝いにおすすめの商品をピックアップ。

結婚内祝いおすすめ商品

招待客にかかわらず広く結婚通知状を送付する

結婚報告の挨拶状
結婚の報告と新居の住所を知らせる結婚通知状は、お礼をいただいた人や披露宴に招待した人をはじめ、招待できなかった友人・知人にも幅広く送ります。ただし、日頃、疎遠な人にまで広げると、お祝いの気づかいをさせてしまうことにもなりかねません。そのあたりを考慮して出しましょう。特に披露宴や二次会で諸係などをお願いした人にはそのお礼を、またお祝いをいただいた方にはそのお礼をきちんと書き添えましょう。
挙式後一ヶ月以内には通知すべきですが、年賀状や暑中見舞いのタイミングに近ければ、それとかねて送付してもかまいません。


結婚内祝いのあいさつ文例

結婚に際しましては、
まことに結構なお心づかいを
いただきましてありがとうございました。
ささやかではございますが、
お礼のしるしに心ばかりの品を、
お贈りさせていただきます。
ご笑納いただければ幸いです。
簡単ではございますが、
まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。
→ 挨拶状・メッセージカード一覧へ

挙式後のあいさつ

挙式後の挨拶
新婚旅行から帰ったら、できるだけ早く、二人そろって双方の実家にあいさつに行きます。実家が遠方の場合は、挨拶は電話で済ませて品物は託送してもかまいません。実家への訪問の際にはあいさつのしるしに双方の同居している家族全員に個々に「お礼の品」を持参します。家族へのお礼の品は正式には紅白または金銀結び切りの水引ののし紙に、表書きは「寿」とし、下に本人の名前を記します。そして左肩に「御父様」などと、あて名を書きます。実家からのお土産には実家の姓を記します。

新居のご近所へのあいさつ回り

新居では通常の引越し同様、一軒家であれば向こう三件両隣と裏の家に、集合住宅であれば上下左右と管理人などにあいさつに行きます。できるだけ夫婦揃ってあいさつに回りましょう。
挨拶の際には1,000円から2,000円程度の品物を持参します。品物には紅白の結び切りののし紙に、表書きには「寿」とし、夫婦の姓を書きます。
夫の家族と同居する場合には、夫の母親といっしょに近所へのあいさつ回りをします。この場合はのし紙に妻の名前を書きます。

結婚内祝いQ&A

お返しやお礼の仕方も、ケースによってはどのようにしたらいいかわからないことも。結婚内祝いに関する様々な疑問にお答えします。
高額のお祝いをいただいたときののお返しは?
結婚式に招待しなかった方から、高額のお祝いをいただいた場合、半額のお返しとなると、高額になってしまいます。この場合は半額にこだわらずに、気持ちの範囲でのお返しでかまいません。
連名でいただいたお祝いのお返しの仕方は?
連名でいただいた場合も、お返しは一人一人にします。お礼状を添えて内祝いの品を1ヶ月以内に、それぞれに贈りましょう。
披露宴に祝電をいただいた人へのお礼は?
祝電だけをいただいた場合、結婚式後1ヶ月以内に、お礼状を送ります。親の知人などからの場合も、結婚した本人たちからお礼状を送ります。
お買い物について
内祝い・お返しギフト販売【うさギフト】